empollonの英語とか学習帳

このブログは僕の英語学習の内容や進捗、特に翻訳練習を記録するために始めました。ついでに、面白い人たちとの新たな出会いがあったら、なお嬉しいです。This will be to keep a record of my English practice progress. If I can get to know new interesting people through any interactions here, that’s also nice

語彙の増やし方

語彙をいかに楽して短時間に増やせるか。

国語学習者にとって、これは最大のテーマのひとつではないでしょうか。知ってる単語が増えるほど英語の全てが楽になっていきます。

 

ここでは僕がやってるやり方を紹介します。といっても、それほど特別なこともないですけど。

 

僕はいつも英語の読書は基本的にスマホ電子書籍読むかネット記事読むかです。

 

僕がやってる語彙対策は、読んでて知らない単語が現れたら色々なオンライン辞書で単語を調べて、そこに書いてある意味や説明をメモアプリにコピペするというものです。

 

当然ながら同じ単語を何度もメモしている可能性も出てきます。この単語、前に見たけど意味が思い出せないというときは、そのメモアプリの検索機能を使って検索します。もしすでにメモ作成していたら、ページ冒頭に?マークを追加します。メモにある?マークは、何回意味が思い出せなかったか、またははっきりしなかったか、という目印です。

 

単語を覚えるとき重要なのは、遭遇頻度だと僕は思います。読書やテレビ見るなどである単語に遭遇した頻度が多いほど、また実際にその意味や説明を理解したという経験の回数が増えるほど、その単語の記憶が定着していくと想像しています。

 

上記したメモアプリの単語メモに?マークを追加していくことは、必ずしも遭遇頻度を増やすことにはなりませんが、少なくとも何回自分が同じ単語でつまずいたか、何回調べたかを把握することが、単語の意味の記憶自体を強化している部分もあるかもしれません(ないかもしれません汗)。

 

このように単語メモを蓄積していくことで、結果的に自分だけの辞書を作っているような感じになります。このやり方の好きなところは、ひとつの辞書に限定せず色々な記述を簡単にコピペ追加できるところです。ひとつの単語メモに英和辞典の説明だったりどこかの語学サイトの解説だったり英英辞書だったりWikipediaなど、その単語を理解するために有益だと感じた説明等は何でも追加しています。今では見たことない単語とか見ると収集欲のようなものが働き記録したくなります。珍しい単語との出会いは、一期一会的な感覚があります。その時を逃したら一生再会することがないかもしれません。

 

あと、基本的に英語学習はペーパーレス。おそらく99%位の割合で。学習はほぼスマホで完結してます。上記のとおり、読書も全てスマホ。単語は基本数タップでオンライン辞書に飛べるので、アプリ切り替えしてコピペしても速ければ1単語数十秒で完了します。色々調べて結局数分かかることもありますが、おそらく従来の紙の辞書引いて手書きで意味をまとめたりとやっているよりも遥かに効率がよいでしょう。具体的に数えたことないですが、多い時は1日100個位単語メモを見たり追加したりということをしてるような気がします。

 

しかし、これをやるようになってすでに6年以上だと思うのですが、ここまで来ると効果の有無に関わらずやめられないという感覚があります。また、常に辞書を引くのが当たり前になっているので、引かないと気になって仕方なく、早く読みたい時とかもついつい辞書引いてしまうため読書が進みません。

 

じゃあこういうことをやってきて、語彙力がどの程度になったかという効果ですが、、、まあよくわからない上に、未だに語彙不足に悩む日々です。

 

一応以下のような無料のテストサイトで時々チェックしてきました。

 

http://testyourvocab.com
https://my.vocabularysize.com

 

たしか2015年頃はこういうテストやると、6000語位という結果だったのですが、2019年頃は12000〜18000語位にはなっていたかと思いますので、何かしら効果あったかもしれません。しかし同じサイトを繰り返し使ってるので、テスト自体に慣れてしまったことで点数が上がった可能性もあります。

 

ちなみに、世間で一般的な単語帳の類はまともにやったことがないです。少し試しましたが、結局覚えられないのですぐやめました。記憶力の高い人は単語帳のほうが効率よいかもしれません。